夏場最後のお催しが荒れて重傷者も出た話。

グルーピング選挙の名残というやつで、今さらながら反表紙だった人間が流されてきました。表紙が変わってすぐに流れてこなかった程「アイテム」という感じがするんですが、テキスト人間は「流された」「流された」と騒いでいるので流されたんでしょう。「自分が巨人だから目をつけられて流されたんだぞ」「本来あんな部署にいらっしゃる人間隔たりじゃないんだぞ」強調と喫煙の残り香が少々手ごわいですけど、基本は可愛いおやじだ。田舎のクリエイターで肘当てつけて職務してそうな予測だ。それで、ここの部署は事件を担当している部署です。神社のお催しにはアプローチを貸したりしないですけど、年に一度、夏にやるストリートおこしのお催しはマイホームが中央なので、お催し天王山2ヶ1箇月前述くらいから寝袋要因が徐々に増えていきます。勤め制限法違反といえば違反なのかもしれないですけど、疎ましいのは前述2ヶ1箇月と終わってからの半1箇月度合いだし、皆お祭り騒ぎが好きだから楽しんでやってるんです。でも流れてきたおやじは根っからの職務のおやじでした。電話視点1つも物悲しいといいますか、常に批判しか言わないんです。匂いがひどくなるからやめてほしいんですけども、名前はそこそこに偉いので誰も批判を言わないんです。ついでに、知らない人間はいないくらいの豪雨ダディーなんですよね。その人間が関わった席があると必ず豪雨がたたきつけるんです。幼児の運動会も豪雨が降ったらお断りからという理由で乳児から「おとうさんは欠けるで」と言われてしまったらしいです。そういった人間が夏場催し役割部署に生じる一品次第な一品かと思っていたんですが、案の定、天王山は豪雨が降りました。豪雨が降ったと言うより、雷が降ったといった方がふさわしいだ。お催しは途中で中断、そのまま花火フェスティバルもすることなく中止になりました。後始末登録中のワーカーが、風にあおられてコンクリートに打ち付けられて、夕方の点方項目になったなんていうのも未曾有だ。ハピメで出会ってみたいです!